ハイパーソニック生命文明協議会は「音」による生命や人間の活性化を行います。以下の3つの専門部会での活動を通して、ハイパーソニック・エフェクト(基幹脳を活性化する耳に聞こえない高周波の効果)に関する研究、応用および普及を推進します。

  • ものづくり推進部会:ハイパーソニック・エフェクトを効果的に発現するシステムおよびコンテンツの開発、データベースの構築、応用普及に関連した事業の企画立案を行います。
  • 仕様検討部会:ハイパーソニック・エフェクトの根幹をなす、基幹脳活性化効果を確実に発生させるために必要な、ハードウェアおよびソフトウェアの仕様を研究し、生理的臨床的に評価するとともに、その標準化を行います。
  • 本来指向文明研究部会:ハイパーソニック・エフェクトによって開かれた新しい生命科学的展望に基づき、有限な地球環境における生存戦略として、人類本来のライフスタイルを指向する生命文明の理論体系を構築、展開し、社会への発信を図ります。
会長  : 大橋力理事(国際科学振興財団理事)
事務局長  : 本田学(国立精神・神経センター)
 
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目2番1号 岸本ビル11F
info@womb-to-womb.jp
Copyright © 2007 NPO法人 ものづくり生命文明機構